2019年04月20日

リョウブの菜飯

今日はミヤマイラクサ(アイコ)狙いで出掛けましたが、新芽はまだ小さく、来週か再来週が食べごろのようでした。



他に何かないか探しましたが・・・まあ無いことはありません。菜の花、スイバ、ミツバ、スミレ、タンポポや藤の花。ただどれも「食指」が伸びません。タラの芽は手が届かないし、コシアブラなんて見つからない。今週は止めておこうかなとも思いましたが、木の芽関連でひとつ思い出しました。



そう、リョウブがあったな。



リョウブ(令法)の木の芽。何年もまえに一度試したきりで、それ以後採ったことはありませんでした。理由は大して美味しくなかったから。



でももしかしたら食べ方が悪かっただけかも知れない。もう少しで令和にかわる今、「令法」を食べるのもなんかの思い出になるかもね、ぐらいのノリでもう一回試してみることにしました。



1CDFFEB6-9CB9-440D-9659-E8B1D3862D0A.jpeg

リョウブの木。カモフラみたいな肌が特徴。画面中央やや左上に目的とする新芽が見えています。「令法」という名前について、昔は飢饉のときの救荒植物として法で決められたために付けられたともいわれています(wiki調べ)。



07E2A31D-0A1F-4587-B983-91E748D9F641.jpeg

摘んできた芽を水洗いし、風味をできるだけ消さないように軽く20秒程度ゆで、粗熱を取ります。



060A2323-95DB-46F9-82CE-689AA9672730.jpeg

細かく刻み、強めの塩味を付けます。



C7C1C910-FE91-4C9A-B1DF-3FEDF9C8EECA.jpeg

ご飯に混ぜてできあがり。左の小さいのはまずかった時の保険、イカの明太子和えです。



香りは豆ごはんに似ています。味はというと・・・不味くはないけど旨くもない、といったところでしょうか。ほかの山菜をおかずにして、ごはんは令法飯にする、というのならアリだと思います。ごちそうさまでした。



posted by Northerncross at 18:59| 岡山 | Comment(0) | 山菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。