2017年02月12日

ふなめしを食ってきた

ふなめし。聞かれた事があるでしょうか。ふなと言うのはあのフナ、川魚の鮒のことです。


岡山県の南部の郷土料理で、骨ごとミンチにした鮒をごぼうや小芋、にんじんこんにゃくなどと一緒にけんちん風に味付けし、あったかいご飯の上に掛けて食べる汁かけご飯の事です。冬季限定メニュー。


「秘密のケンミンショー」でも紹介されていましたね。某いも焼酎のCMでもやっていましたが、あれはご当地のみの放送かも知れません。


今日そのふなめしを食べてきました。場所は日本三大名園のひとつ、後楽園に隣接する城見茶屋というお店です。川の向こうがすぐ岡山城となっており、ロケーションは言うことなし。もともと後楽園は岡山城主のお庭です。

IMG_0687.JPG
IMG_0685.JPG

見た目も香りも普通。川魚の臭みのようなものは一切ありませんでした。薄味の肉そぼろを入れたけんちん汁の汁かけご飯と言う感じで、味的にもまったく抵抗無し。「フナを食うぞ」と意気込んで食べると拍子抜けしそうです。


ただし、ミンチにされた骨の粒は結構入っており、一気に頬張ると歯に当たります。口の中で刺さるとか、そういう尖ったものではありませんので、ゆっくり噛みしめるようにして食べると骨からなんとも言えない繊細なダシが滲み出てくるようで美味しいです。三種のお漬物がついて850円でした。


ふなめし自体それなりの知名度はあると思うのですが、その割には地元岡山であっても食べさせてくれるお店は少ないです。4、5軒でしょうか。南部へ行けばスーパーにも「ふなミンチ」が置いてあり、特に外でお金を払って食べるようなものじゃないと思っているようです。


他県の方からすれば、ちょっと冒険心もくすぐられる魅力ある食べ物だと思いますので、これからもどんどんPRしていけばいいんじゃないでしょうか。

IMG_0683-b01f4.JPG

岡山県も北部は大雪のようです。
posted by Northerncross at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック