2019年05月17日

春の山菜 最終章

山菜ネタが溜まっていたので一挙に放出します!

GW中の山菜採りのまとめです。桜のころ肌寒かったのが4月の終わりになって急に気温が上がり、そのため山菜も一気に伸びたようで、10連休のはじめの頃でもちょっと伸び過ぎかな?と思うものが結構ありました。



6191356E-A823-4AF3-BC0E-9FC34369549C.jpeg

まずはミヤマイラクサ(深山刺草、アイコ)です。イラクサの名の通り茎にも葉にも毒をもった刺毛がいっぱい付いており、ちょっとでも肌に触れると激痛が走り、ぷっくり腫れてしまいます。痛みは30分もすれば治りますが軍手などでは防ぐことは不可能で、中厚のゴム手袋のほうが安全です。



5462A0D4-DE19-4204-914C-10335AD5958A.jpeg

採ったあともなかなか大変で、まず触ることができないため水洗いが十分にできません。仕方ないので流水の下で菜箸をつかってざっと洗い、そのまま熱湯に投入しました。



E7753E02-56D0-465E-96FB-D7E008CD76DA.jpeg

不思議なことに一度茹でてしまうとあの手強い刺毛はきれいさっぱり無くなり、素手で扱えるようになります。次は茎の皮むき。ミヤマイラクサの皮はその昔織物に使われていたというほど強靭で、これが残っていると美味しく食べられません。なかなか大変ですが、できるだけきれいに取るようにします。



CA12FC6C-E23F-4FC5-B5BD-C0B271037B7B.jpeg

柔らかい茎と若葉はおひたしで。通常葉のほうは食べないそうですが、食べても別に問題ないので一緒にいただきます。茎のほうは深い風味とコクがあり、東北では大変好まれているのも頷けます。ただ非常に手間が掛かるのが多少ネックではあります。ちなみに私の住む地域では食べる習慣がないため、ただの迷惑な雑草でしかありません。



別の日にヤマウド(山独活)採りにもいってきました。自分としてはヤマウドを採ったところで春の山菜シーズンは終了となります。



83BBB71D-F03F-442D-BE57-A977B3CE23D0.jpeg

いつもの山道にはイタドリ(虎杖、地域によっていろいろ呼び名がある。自分のところではシャジナッポ)があちこちに生えていました。煮物とか炒め物とか好んで調理をされる方も多いそうですが、自分にとっては散策道中のただのおやつ。皮をむいて歩きながらガリガリ齧り、食べるところが無くなったら投げ捨てます。



天気も良く、ウドを探してあちこち見ているといろんな山菜が見つかりました。ただ量が少なかったり、手が届かなかったりでいずれもスルーしています。


55EF09CD-0311-4D4A-87FC-6F9B9249FB51.jpeg
オオバギボウシ ウルイ


541CE0BB-6443-4F8A-9EB7-1B54D3EEAE8A.jpeg
タラノメ。手が届かん。


F2148FC3-37DD-4F70-9554-65D5C8359DEC.jpeg
コシアブラ。まだ幼木。



道の脇には、荒っぽく掘り返したような穴があちこちに開いています。どうやらイノシシが食べ物を求めて掘ったもののようです。イノシシがウドを食べるのかどうか知りませんが、お目当てのウドはなかなか見つかりません。



ですが山の上のほう、道が無くなりかけた辺りまで来てやっと見つけました!

A64A51BC-9E91-4CBD-BD5B-C263E2523CC3.jpeg

多少伸び過ぎのようですが貴重なウドです。なるべく柔らかそうなものを2本だけ採りました。ウドに限らず、山菜を採るときは後から来るの人のため、もしくは来年も採取できるように根こそぎ持ち帰らないようにしましょう。



持ち帰ったウドは皮をむき、そのままベーコンと一緒に塩胡椒で炒めました。

04665D01-7438-4083-A3A5-38EF2D3F527F.jpeg

アスパラに置き換えたウドベーコン。これは美味かった!店で売ってる白いウドも酢味噌和えばかりでなく、こんな風に炒めてもいいと思います。天ぷらにしても美味しい。



これで春の山菜ラッシュはおわりです。また来年採りにきます。
posted by Northerncross at 00:54| 岡山 ☀| Comment(0) | 山菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

令和の始まりに広がる宇宙を想像してみる

この度スペクトル観測を始めました!



これまでもアマチュア向けの分光器はいくつかあったものの、いずれも自分のお小遣いでは手が出しづらい高価な代物でした。興味はあるけどどうしようかな・・・とずっと思っていましたが、この間雑誌を見ていて五藤テレスコープさんから回折格子と解析ソフト・解説書のセットが手ごろな価格で販売されているのを見つけ、これよしとばかり早速購入しました。



A24B5F7E-3DA8-43CF-90C2-F9E3EE003D34.jpeg


回折格子のStarAnalyser100は31.7mmのねじこみタイプで、惑星撮影用のCMOSカメラなどに取り付け可能です。そのほかにφ58mmのカメラフィルターネジに取り付けられるアダプターも別売りされており、デジイチなどでスペクトルを撮影することもできるようです。流星のスペクトルを撮るときなどはこちらを使用するとよさそうです。令和もはじまり10連休中。せっかくの新月期でありながらなかなか晴天に恵まれませんでしたが、唯一5/3の夜だけは良さそうな感じでした。さてテスト撮影の対象を何にするか・・・



この回折格子は低分解能だそうですが恒星のスペクトル型、彗星や星雲の輝線スペクトル、一部の惑星の大気成分の検出、一部天体の赤方偏移の検出などが可能です。初回なのでスピカやアークトゥルスを撮ろうかとも思いましたが、観測例として解説書に載っていたおとめ座のクエーサー3C273の赤方偏移観測が時期として今しかなく、ちょっとハードルは高そうですがチャレンジしてみることにしました。



「クエーサー」とは、とてつもなく遠方にありながら恒星のように輝く、凄まじいエネルギーを放つ天体のことです。



もと.jpg
R200SS 2.5xPowermate ASI290MC Sharpcap3.2 Binning2 Gain350 Exposure35sec

色強調.jpg


ステライメージ8でダーク減算 20枚を加算平均 StarAnalyser100使用 RSpecで解析



元画像と、見やすいように強調した画像です。「3C273」というのが目的のクエーサー。見た目では普通の恒星と変わりません。ただこれ、約20億年(!)も前の光です。すごいですね。元の光(0次)から少し右側に離れた所にスペクトル(1次スペクトル)が写ってます。「参照星」とあるのはいわゆる普通の星ですが、3C273のスペクトルと比べると参照星のほうはスラッとしているのに対し、3C273のほうは所々明るくなっている部分があります。スペクトルでみると違いがよくわかります。この明るくなっている部分は水素の輝線で、その波長は決まっています。水素ではHβ線が4861Å、Hα線が6563Åです。これを解析ソフトで計測してみると



3C273完成.jpg


RSpecで解析 参照星の地球大気の吸収線(7600Å)で1点アライメント チャートにスペクトルの画像を貼り作図



15%から16%長波長側(赤色のほう)にずれてしまっています。これが赤方偏移と呼ばれるもので、対象が高速で遠ざかっているために光が引き延ばされ、ドップラー効果により生じます。3C273の場合、赤方偏移z=0.158だそうです。遠ざかる速度(後退速度)は約44,000km/秒。光の速度が300,000km/秒ですから、私たち人間からすればいかにすごいスピードかお分かりになると思いますが、これは早い速度で飛んで行ってる、ということとはちょっとニュアンスが違います。宇宙空間が膨張し続けているため、遠ざかっているように見えているということです。



スペクトル観測はちょっと専門的すぎるという方も多いと思いますが、自分は「想像力の助けになるもの」ぐらいに捉えています。このクエーサーを望遠鏡で直接覗ける機会があったら、今も広がり続ける宇宙空間というものを想像しながらより一層感慨深く楽しめるんじゃないかと思っています。



M100に出現したU型超新星を狙ってみても面白そうですが相当暗そうですね。なんにせよ、もうちょっと撮影方法を研究しないといけません。パソコンもCMOSもキャプチャソフトも更新してからほとんど使ってないこともあって、はっきり言って今回どうにかなったのはラッキーでした。精度を上げないとだめだし、それに後退速度やら距離の計算がよく分かりません!これも勉強しないと。ふう



とにかく宇宙の奥深さに、最後は途方に暮れた10連休でした。


posted by Northerncross at 22:21| 岡山 ☁| Comment(0) | 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする