2019年01月27日

えびめしやのふなめし

ふなめしとは



岡山県南部の一部地域で昔から食べられてきた「鮒」を使った料理。冬のメニューです。



小骨ごとミンチにした鮒(「ふなミンチ」という名で時々スーパーで売ってます)をごぼうや人参、大根、こんにゃくなどと一緒に炒め煮し、たっぷりの煮汁ごとご飯にかけて頂きます。



多少泥臭さがあるのでそれが敬遠されるのか、最近は家庭で食べられることは少ないようです。



それとは別に



えびめしというものもあります 。簡単に言うとエビ入りのデミグラスソースのピラフ。岡山では知名度があり、ソウルフードと言ってもそう間違いではないくらいのものです。美味しい。



0EE6BC63-D35E-4F0C-99F9-C07B4187343B.jpeg

提供してもらえる店はいろいろありますが、今回はその中で一番メジャーな「えびめしや」に行ってきました。えびめしやなのに、ふなめしを出してくれるということなので。



266CC29D-217F-46C6-BED5-06428692E8DC.jpeg

これがえびめしやのふなめし。洋食屋で出されるものなので、ハムカツのセットとなってます。和洋折衷。さっそく頂いてみると



そうですね、以前岡山の後楽園のそばにある城見茶屋で食べたものに比べるとフナ量が控えめな感じです。ミンチした骨のかけらが口の中に残る感じが今回はありません。小芋やお揚げなども入って具だくさん、生姜も効いていて泥臭さなど一切ありません。



なかなか美味かったです。番人向けと行った感じで、初めて食べるという方にはいいかも知れませんね。えびめしやさんの努力が感じられる、上品なふなめしでした。

posted by Northerncross at 22:08| 岡山 ☀| Comment(0) | 風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする