2018年04月08日

春の銀河

春は銀河がいっぱい見える季節です。これは天の川に対して垂直方向の空を見ることになるため、遠くからやってくる銀河の光を遮るガスやチリが少ないからです。

見かけ上小さいものが大半なので、それなりに大きく明るく写すのはなかなか難しい対象です。特に自分の主力は口径20cm、焦点距離800mmの短焦点反射R200SS臼砲・・・そこでいろいろ小細工をしながらやってみました。



M51
M51.jpg
R200SS EM200temma2 M-GEN 5cm200mmガイド鏡+2倍バローでガイド EOSkissX3(seo-sp2)
ISO800 15min 4枚 50%にトリミング ステライメージ6.5 PhotoshopCCで画像処理

NGC2903
NGC2903.jpg
Kenko-tokinaデジタルテレプラスPRO300 1.4X DGX
ISO800 15min 4枚 50%トリミング 他は同上


M51は子持ち銀河という名前で有名。北斗七星のそばにあります。

NGC2903は春の星座であるしし座の口元にある銀河です。



M81 M82
M81 M82.jpg
R200SS+PHコレクター ISO1600 8min 4枚 67%にトリミング


M81とM82。おおぐま座にありますが、北斗七星からはけっこう離れています。おおぐま座ってかなり大きいんです。望遠鏡でみても「ハ」の字に並んだ二つの銀河の様子が良く分かります。



M82
M82.jpg
R200SS Kenko-tokinaデジタルテレプラスPRO300 1.4X DGX
ISO800 20min 4枚 約50%トリミング


M82のクローズアップ。この銀河は爆発的に星が形成されていくスターバーストの状態にあり、赤い水素ガスが炎のように極方向に噴出しているのが観測されています。改造デジイチでどこまでいけるのか試してみましたが・・・ごく微かに写っているだけですね〜。まあ次はフィルターでもかましてやってみましょう。

ちなみにこの写真はコマ収差を目立たなくするため、円形にトリミングしています。また淡い噴出ガスを表現しようとかなり軟調に仕上げています。



のろのろと撮影していたらもう4月。星座はすでに夏の気配です。
posted by Northerncross at 15:48| Comment(0) | 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする