2017年03月07日

クリムゾンスター

クリムゾンスターというのはオリオン座の足元にある小さな星座、うさぎ座にある大変赤い色をした星の事です。


赤い星と聞くと、星に詳しい方ならさそり座のアンタレスとかオリオン座のベテルギウスとかの名前が思い浮かぶんじゃないでしょうか。昨年接近した火星も赤かったですね。

下の写真はそのベテルギウスを写したものです。オリオンの向かって左肩の星です。


IMG_9446-9445 2x2.jpg


どうでしょう?

赤というより黄色、よく言ってオレンジというところでしょうか。カメラの特性や大気の透明度によっても変わりますが、こうして見てみると言われるほど赤くないのが普通です。

そしてこちらがそのクリムゾンスター


IMG_9458-61-2 2x2.jpg


小さいので、ちょっと見にくいかも知れません。その場合は拡大してみてください。


真っ赤とは言いませんが、先程のベテルギウスに比べるとずいぶん赤みが強いですよね。この写真ではよく分かりませんが、実際に望遠鏡でみると単純なオレンジ色ではなく、ややピンク味を帯びた不思議な色をしています。


クリムゾンスター(うさぎ座R星)は炭素星という特殊な星です。年老いた星の大気中に炭素の粉末である「すす」が含まれているため、この様な赤い色をしているということです。


変わった星があるもんですね。
posted by Northerncross at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする