2017年03月29日

ツインクエーサー:深宇宙からの光

クエーサーというのは、ものすごく遠方にある、恒星のように見える天体のことです。その正体ははっきりとは分かっていません。


どのくらい遠いのか
下はツインクエーサー周辺の写真です。


246216786_org.jpg

写真に写っている星はほぼ全て我々の銀河系内の恒星。前の記事に載せた、あの渦巻のなかの一粒です。銀河系の直径は約10万光年ありますので、この写真に写ってる星も遠くて数万光年の距離といったところでしょうか。光の速さでも10万年…銀河系とはとてつもなく巨大なものですね。


右側にNGC3079という銀河が見えていますが、これになるとぐっと桁が上がって約5000万光年離れたところにあります。銀河系を500個並べた距離、恐ろしく遠い感じです。銀河系の恒星をちりばめたのレースのカーテン越しに、遥か遠くの銀河を見ていることになります。


それはすなわち、この写真に写っているNGC3079の姿は5000万年前のものということです。恐竜が絶滅したのが約6500万年前ですから、それよりいくらかあとの時代。


そして写真の左上の方にそのツインクエーサーがあります。

246216716_org.jpg

拡大図。丸で囲った部分がツインクエーサーです。小さい星が2つ並んでいるな、という風にしか見えませんが、これは恒星ではありません。


この小さな光、なんと91億年前の光です。


先程の5000万光年の、さらに180倍。


太陽と地球が誕生したのが約46億年前と言われているので、それより倍近く前ということになります。


地球が生まれる前の光。この光が放たれた頃には、将来太陽系ができる場所にはただガスが漂っていただけかも知れません。



このクエーサー、2つ見えていますがどちらも同じものと言われています。つまり1つしかないものが2つに分かれて見えているということです。


これは重力レンズ効果と呼ばれるものの実例で、写真では見えませんがクエーサーの手前に暗い銀河があり、その銀河の重力により空間が曲がっているため、そこを通る光も曲げられて本来とは異なる姿に映っている状態です。


市販の望遠鏡でもこんな深宇宙の様子が撮れるんですね。
今回のタイトル、なんかラブクラフトの小説ぽいな。
posted by Northerncross at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

独活菜のお浸し、萱草の酢味噌和え

もうすぐ桜が咲きそう。春がやってきました。

いつもの採取場所では山菜ラッシュが始まっていました。河川敷ですが、冬の間に野焼きをするので土が良いんでしょうね。焼畑農業です。


IMG_0784.JPG

IMG_0789.JPG

この辺りでウドナと呼ばれている山菜。ウドに似た強い香りが特徴です。正式にはハナウドという植物で、一般的に山菜とされていません。


つまり雑草です。


ただ自分の地域では山菜としての人気は高く、ウドナを食べないと春が来た気がしないという方もおられるほど。摘み取ると切り口から大変清々しくも強烈なウドの香りが漂います。


IMG_0785.JPG

カンゾウ。
こちらは全国区の山菜。道路脇とか堤防などで普通に見られます。繊維質に見えますがユリ科の植物で柔らかく、夏にオレンジ色の花を咲かせます。


IMG_0790.JPG

根に近い白い部分が歯応えが良く甘いので、いくらか土を掘って採取しました。


いつものように塩を少々を入れた熱湯で茹でます。カンゾウはアクがほとんど無いので水に晒すとしても粗熱を取る程度でOK。ウドナは晒す時間で香りを調整します。


IMG_0791.JPG

右はウドナのお浸し、左はカンゾウの酢味噌和えです。ウドナは食べると強い香りが鼻に抜け、わずかに苦味があります。一度食べると記憶に残る味、まさに嗜好品です。
一方のカンゾウは大変無難な味。シャキシャキとした歯応えが心地よく、白い部分は甘みがあります。個人的にはネギの酢味噌和えより美味しいと思います。


本当はウドナは白あえしてに、カンゾウはアサリなんか入れると良いんじゃないかと思っていましたが、そこまでできませんでした。
他の家族が山菜を食べず、食器とかたくさん使うのを嫌うんですよね。


こちらはいつも使っているユニフレームの片手鍋。家庭内キャンプ状態です。


IMG_0803.JPG
posted by Northerncross at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

銀河系の姿

M109(NGC3992)。おおぐま座にある棒渦巻銀河です。


IMG_9480-76 2x2.jpg


かなり小さく暗い銀河なのであまり注目されませんが


実はこの銀河の形は、我々の天の川銀河によく似ているという事です。


透明度も腕も悪くあまり写りはよくありませんけど、形としては結構カッコイイですよね。なんだか誇らしいです。


人類が天の川銀河全体の姿を実際に見ることは果たしてあるんでしょうか。
posted by Northerncross at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする