2017年02月05日

彗星ハンター本田実さん

岡山県倉敷市で活躍されたアマチュア天文家、故 本田 実さんらが発見した「本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星」が近日点を過ぎ、2月11日に地球に最接近します。ただあまり明るくはならず、7等級程度のため見るには双眼鏡が必要で、たぶん尾は眼視では見えないでしょう。



しかも冬の朝方、満月にも近いので非常にタフな状況です。頑張って早起きしましょう。



そう言えばと思って、きょう本田実さんが台長を務められていた倉敷天文台を見てきました。結構近くなのに、今まで行ったことがありませんでした。

IMG_0666.JPG

場所は倉敷市街のど真ん中、白壁で有名な美観地区の近くです。天文台周辺は昔ながらの市街地らしく、車一台がやっと通れるほどの道の狭さ。交差点では曲がるのに苦労します。大通りから2本ほど入ったところにひっそりと建っていました。

IMG_0668.JPG

日曜日は公開されていないので塀の外から覗いてきました。昔はこんな所でも綺麗な星が見えたんでしょうかね。雨が降る天文台はなんだかひどく寂しげに見えました。

posted by Northerncross at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする