2017年02月21日

シリウスとカノープス:(比較明合成)

おおいぬ座のシリウス(写真上の明るい星)と、りゅうこつ座のカノープス(写真下の山際の星)を写した写真です。

IMG_9355-38 3.jpg

カノープスは南中高度が低いためお目にかかるのがなかなか難しい星で、運良く見ることができた者には長寿が授かると言われています。


写真は昔からよくある、星が日周運動によって光跡を描いている様子を写したものですが、かつてのフィルムカメラのようにシャッターを開きっぱなしにして放置して撮影したものではありません。



IMG_9345 3.jpg

今度の写真は星が点状に写っています。一見先ほどの写真とは別物ですが、実は両者は同じものです。


まあそれはちょっと言い過ぎとして、正確にいうと下の点状の写真を何十ショットか重ね合わせたものが上の写真です。比較明合成という手法ですが、今回は30秒の固定撮影の画像を18枚合成してあります。ステライメージというソフトで画像を作成中の様子がこちら

無題2.jpg

あまり鮮明ではありませんが、星が点線になっているのがお分かり頂けるでしょうか?30秒露光し、次の写真に移るために一旦シャッターを閉じたわずかな時間が黒く残っています。


なんでわざわざこんな事をするのかというと、デジタルカメラにはフィルムカメラには無かった「ノイズ」という問題があるためで、あまりに長時間露光をすると赤や青の点々が写真一面に現れ、ひどい有様になってしまうからです。


星が点状に見える写真にも少なからずノイズは出ていますが、合成するとそのノイズを平均化できるのでザラつきのないスルッとした画像になるメリットもあります。2つの写真の山肌などの背景を比べて頂くとわかると思います。


比較明合成はホタルの写真なんかでも使う比較的メジャーな手法です。星の写真でもよく使われるのでたくさん撮って極めていきたいと思います。
posted by Northerncross at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

冬のダイヤモンド:(モザイク合成)

冬のダイヤモンドというのは、冬の夜空でよく見える

おおいぬ座シリウス
こいぬ座プロキオン
ふたご座ポルックス
ぎょしゃ座カペラ
おうし座アルデバラン
オリオン座リゲル

の明るい6つの星を結んだ大きな六角形のことです。

有名な夏の大三角などと違って意識しないとなかなか形を捉えることは難しいですが、いったん分かってしまうと明るい星が大きく頭上に描くダイヤモンドが見事です。街中でも十分見えますので試してみてください。


手持ちの18mmレンズでは全体を写すことができないため、練習がてらモザイク合成に挑戦してみました。要するに二枚の写真をうまく重ねて大きな一枚の写真にする技術です。

12-rgb2.jpg


いや〜難しかった。まず第一にうまく星が重なりません。ズームレンズということもあってか、周辺部分の収差が大きくかなり歪んでしまってます。さらに2枚の写真の背景の色が合わず、色調整に大変時間がかかりました。撮影は5分なのに画像処理に5時間ぐらいかかったかも。結局完全に色を合わすことができず、写真下の部分に継ぎ目ができてしまいました。


冬の間は比較的軽装備で撮影できる星景写真をメインにやっていこうと思ってましたが、こんなに時間がかかるんじゃ使い物になりません。もっと簡単にできるソフトを使うか、またはもっと広角の魚眼レンズを買うか、はたまたフルサイズのデジカメボディーを購入するか・・・何をするにも一筋縄ではいかないもんです。

12-rgb2 4x4.jpg
posted by Northerncross at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

ふなめしを食ってきた

ふなめし。聞かれた事があるでしょうか。ふなと言うのはあのフナ、川魚の鮒のことです。


岡山県の南部の郷土料理で、骨ごとミンチにした鮒をごぼうや小芋、にんじんこんにゃくなどと一緒にけんちん風に味付けし、あったかいご飯の上に掛けて食べる汁かけご飯の事です。冬季限定メニュー。


「秘密のケンミンショー」でも紹介されていましたね。某いも焼酎のCMでもやっていましたが、あれはご当地のみの放送かも知れません。


今日そのふなめしを食べてきました。場所は日本三大名園のひとつ、後楽園に隣接する城見茶屋というお店です。川の向こうがすぐ岡山城となっており、ロケーションは言うことなし。もともと後楽園は岡山城主のお庭です。

IMG_0687.JPG
IMG_0685.JPG

見た目も香りも普通。川魚の臭みのようなものは一切ありませんでした。薄味の肉そぼろを入れたけんちん汁の汁かけご飯と言う感じで、味的にもまったく抵抗無し。「フナを食うぞ」と意気込んで食べると拍子抜けしそうです。


ただし、ミンチにされた骨の粒は結構入っており、一気に頬張ると歯に当たります。口の中で刺さるとか、そういう尖ったものではありませんので、ゆっくり噛みしめるようにして食べると骨からなんとも言えない繊細なダシが滲み出てくるようで美味しいです。三種のお漬物がついて850円でした。


ふなめし自体それなりの知名度はあると思うのですが、その割には地元岡山であっても食べさせてくれるお店は少ないです。4、5軒でしょうか。南部へ行けばスーパーにも「ふなミンチ」が置いてあり、特に外でお金を払って食べるようなものじゃないと思っているようです。


他県の方からすれば、ちょっと冒険心もくすぐられる魅力ある食べ物だと思いますので、これからもどんどんPRしていけばいいんじゃないでしょうか。

IMG_0683-b01f4.JPG

岡山県も北部は大雪のようです。
posted by Northerncross at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする