2019年07月19日

恒星のスペクトルをテスト撮影

StarAnalyser100を使用してクエーサーの輝線スペクトルを検出することには何とか成功しましたが、同じ機材(R200SS, 2.5xPowermate, ASI290MC)で恒星のスペクトルを撮ろうとしたところどうもうまくいきません。金属の吸収線どころか、水素の吸収線もはっきりしない状態です。



どうやら合成fl=2000mmのR200SS+ASI290MCだとシンチレーションとか恒星像の肥大により、細かい線がブレて消えてしまうのが原因のようです。そこで付属の解説冊子にも紹介されているように、デジイチのカメラレンズの先に取り付ける方法で試してみました。



IMG_2331アルタイル2.JPG

IMG_2338アークトゥルス2.JPG

Canon EOSkissX3(APS-C, センサ−サイズ22.3mm x 14.9mm) EF-S 55-250mm F4-5.6IS(200mmF5.6, 35mm換算で322mm) ISO800 30秒固定撮影



上はわし座のアルタイル、下はうしかい座のアークトゥルスの0〜1次像です。なかなかいい感じに写りました。。



アルタイルのスペクトル型はA7X、水素の吸収線が濃く出てA型の特徴がよく出ていると思います。一方のアークトゥルスはスペクトル型がK0V、こちらは水素の吸収線は目立たなくなり、代わりに多数の金属線が見えています。まずはアルタイルをRSpecで解析してみると



アルタイル1-1.jpg

E382A2E383ABE382BFE382A4E383AB2-1.jpg


上はそのままの解析画面、下は水素のバルマー線を表示したものです。Hβ、Hγの吸収線がよく見えており、Hαは案外はっきりしませんが、検出はできています。ただ左右に若干ズレがあるようにもみえます。次にアークトゥルスのほうは



アークトゥルス1-1.jpg

アークトゥルス2-1.jpg


細かい金属線がアルタイルよりたくさん見えます。下側のチャートはスペクトルK型の星で特徴となるバルマー線を表示しています。目立つのはFe、Naなどの吸収線のようです。


レンズ先付け方式だとスペクトルの詳細がわかるのは確認できましたが、同時に問題点もいくつか見えてきました。



@適正なレンズの焦点距離の問題

今回は55-250mmズームの200mmにあわせて撮影しました。なるべく焦点距離を長くしたほうが1次スペクトルの幅が広がり、より詳細なデータが得られそうに思います。今回は1等星なので十分な明るさに写っていますが、これが3等星、4等星・・となってくるとなかなか難しそうです。ISO感度をあげるにも限界があるので、100mm以下に縮めて撮影することになると思いますが、あまりに焦点距離が短いと他の星のスペクトルと交錯し、識別できなくなる気がします。トレーリングさせず、ガイド撮影してどの程度写るかテストしてみる必要があります。



Aズームレンズによる周辺像の歪み

高級なズームレンズではないので、画面周辺部ではひずみが発生します。あまり画面の端のほうは使用しないようにし、また画像中心部の同じ位置、同じ方向にスペクトルが収まるようにしたほうがよさそうです。それか適当な単体レンズを入手するかですね。次はカメラを赤道儀に固定して撮影するようにします。



Bキャリブレーションの精度

キャリブレーションをするときは恒星を0次とし、水素の吸収線を使って行いますが、アークトゥルスのように水素のバルマー線がはっきりしない場合は他の画像を引用した1点アライメントを行うしかなく、精度に不安があります。まあこれも上記のように毎回画面の同じ位置で撮影するようにすれば誤差を最小限に抑えられそうです。



Cスペクトル型の識別方法

これはただ研究不足なだけですが、たとえばある恒星のスペクトルチャートがあるとして、そのスペクトル型を調べて何型か確定する、ということがまだできません。RSpecには細かく分けられたスペクトル型の参照データがありますが、その参照データと実際のデータをどのように比べて判断したらよいのか不明なままです。単純に見比べて〇〇型、というものでは無いようです。


梅雨が明けたらまたいろいろやってみようと思ってます。

posted by Northerncross at 19:00| 岡山 ☁| Comment(0) | 観測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

ひまわり畑

ひまわりが咲いていました。



533D503B-CB8D-459B-AD47-A9E68FC534B1.jpeg

3C3A2AE6-B66A-430F-97B4-736ACA434F87.jpeg

梅雨空が続いてなんとなくモヤモヤした気分になってしまいますが、こんな畑一面に咲いたひまわりをみると「夏が来たんだなぁ」と少し晴れやかな気持ちになります。



場所は岡山県総社市の国分寺。春は菜の花やレンゲが一面に咲き、花の多いところです。近くの農産物売り場には岡山特産の白桃やマスカットが並んでいました。
posted by Northerncross at 17:40| 岡山 ☁| Comment(0) | 風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

銀河 その3

今年春に撮影した残りの銀河を一挙公開。

7A32B3B1-A237-4223-AF24-E66C5EFFF512.jpeg
しし座のトリオ M65 M66 NGC3628

R200SS +コレクターPH EM200temma2
EOSkissX3(SEO-SP2)ISO800 12min 6枚
75%にトリミング



A8AF8001-5755-4096-8370-BF5AA06700B4.jpeg
かみのけ座 NGC4565 Needle Galaxy

R200SS +コレクターPH+CanonEF1.4xU
EOSkissX3(SEO-SP2)ISO1600 12min 7枚
50%にトリミング



37D755EF-8E11-4B3B-BC06-6BAC500E7EA8.jpeg
かみのけ座 M64 Black Eye Galaxy

R200SS +コレクターPH+CanonEF1.4xU
EOSkissX3(SEO-SP2)ISO1600 10min 6枚
50%にトリミング



まだまだ撮ってない対象が残ってます。来年の楽しみにしておきます。
posted by Northerncross at 23:16| 岡山 ☔| Comment(0) | 天体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする